お別れの仕方

火葬の段取り

ペットのご遺体は、昔は土葬が主流でした。しかし衛生面や生態系への影響が見直され、今では人間同様に火葬するのが一般的です。火葬業者には、移動火葬車、動物霊園、寺院、公営火葬場などがあります。火葬方法は主に2種類で、人間同様の個別火葬と、他の家の子とまとめて火葬する合同火葬があるので依頼先の火葬方法を調べておきましょう。

 

お葬式

ペットにも人間と同じでお葬式があります。ペットのお葬式は愛する家族をお見送りするだけでなく、残された家族の気持ちを整理するための大切な時間です。お寺によってはペットのためにお経をあげてくれるお坊さんがいることもあります。火葬業者は火葬のみがほとんどですが、きちんとお葬式をしてくれる業者もあります。お葬式をしてあげる場合は事前に調べておきましょう。

 

お骨について

火葬の後、お骨を埋葬するのか、お寺の納骨堂などに納めるのか、お家に持って帰るのか、あらかじめ決めておく必要があります。ペット霊園やお寺では、その場で埋葬したり、納骨することができる場合が多く、火葬業者や公営火葬場は持ち帰りしかできないことが多いです。業者によって大きく違うポイントなので事前に調べておきましょう。

 

 

思い出を形に残そう

火葬した後に残るのは骨だけになってしまいます。毛やツメなど形見として残せるものは残しておくことをおすすめします。例えば、毛はストラップにしたり、ヒゲやツメなど小さな遺品はアクセサリーの中に入れて持ち歩くこともできます。またお骨を埋葬、納骨する場合でも、分骨といって、一部だけ小さな骨壷に納めて手元で供養する方法もあります。

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ

ペット供養、ペットロスケアの専門情報サイト