ペットは死後どうなる?

仏教の世界では動物も輪廻転生(りんねてんせい)があると言われ、人や動物が亡くなると「六道輪廻(ろくどうりんね)」の世界をさまようと説かれています。

 

しかし、ペットを家族として考える私たちがお葬式を執り行い、仏壇を備え、真摯に念仏回向(ねんぶつえこう:生きている者が死者の成仏を願って経を称えたり、法要をしたりすること)すれば、それを仏様はしっかりと受け止めて下さり、その光明がペットを照らし、極楽浄土へと往生できます。

 

そして、私たちも命終えた後、ペットの死によって頂いた仏様のご縁により、再び極楽浄土で会うことができるのです。

 

生きていた頃はご飯をあげたり、お散歩したりたくさんお世話をしますよね。それと同じで亡くなった後は、わが子を思い、仏壇に手をあわせて供養することが私たちができる大切なお世話です。

 

そして、あなたがあの子のことを深く考え、想い偲ぶ気持ちは、必ず届きます。極楽浄土で安穏に暮らすあの子達は、「あなたに出逢えて良かった」と幸福に包まれながら思っていることでしょう。

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ

ペット供養、ペットロスケアの専門情報サイト