ペット供養って何?

仏教では生老病死という言葉で示されている通り、この世に生まれてきたものは老いること、病気になることは死ぬことは避けることができません。どんなに元気だった愛するペットでもお別れの時は必ずやってきます。

 

愛するペットのためにお葬式を執り行い、「きちんとしてあげられた」と思うその気持ちもまた、ペットロスを癒すためには大事なことでもあります。

 

ペットが生きていた頃、毎日の餌やり、散歩と愛情を込めてお世話をしてきました。しかし、ペットの死後、姿かたちが無くなってしまっても、私たちにできることたくさんあります。

 

亡くなったペットが極楽浄土に導かれるよう、お仏壇を備え、お経を称え、供養の場を整えることが、私たちにできるこれからのお世話です。このお世話を心から真摯に行うことによりペットは仏様に照らされ、極楽浄土へと往生できるでしょう。

 

ご自宅にペットのお仏壇をおいて、生前のお写真や、思い出の品を飾って手を合わせる場所を作りましょう。心穏やかに、手を合わせ、りんを鳴らして、あの子を偲び供養すれば、きっと悲しみの心も癒されるでしょう。

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ

ペット供養、ペットロスケアの専門情報サイト